4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    花嫁は、輝くきよい亜麻布をまとうことが許された。

    私も纏うことを許されたんだと思うと感慨深いものがあります。生かされるということがどうゆう事なのか‥?今朝、うっすらとわかったような感じがしたのですが‥😅言葉にする前にわからなくなってしまいました😣
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主はあなただと信じます。どうぞ、きよい亜麻布を纏うに相応しい私にしてください。そして、もっと豊かにもっと朗らかに何事にもチャレンジしていけるようにしてください。イエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    すると天使は、「何をするのです。そんなことはやめなさい。私も、神に仕える者にすぎません。あなたや、イエスへの信仰を明らかにしているクリスチャンたちと同じ者です。すべての預言も、いま私が告げたすべてのことばも、ただイエスをあかしするためです。」

    あーやっと 終わりに近づくいてきました。
    ユダヤ暦からいうとティシュレイの月
    ようやく新しいものを創造される主に信頼を置く月 

    もう信じるしかない。神の声をしっかりきき
    主の主に感謝です。

    愛する天のお父様 主よあなたを褒め讃えます。いつも しっかり守ってくださり感謝です。貴方の贖いによってまもられてること 
    そして次の季節にまく種を主からいただく月
    もう頂きました。
    昨日までの私は、なんでなんでの私でしたが
    貴方は栄光をあらわしてくださいました。
    私は、いつもどんな時も 喜んでいられるよう
    そしてもっと神様の声を聞き
    それに向かって進んでいけるように
    チカラを与えてください。
    イエス様のお名前によって確信し
    お祈りさせていただきます。 アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA