4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    あなたがたは、自分がさばく、そのさばきでさばかれ、自分が量るその秤で量り与えられるのです。

    と言うことは、裁くことをしないで認め受け入れることで自分も認められ受け入れられると言うことです。人から認められたい!!と思うのが義タイプ。だったら先ずは相手を認め受け入れること。わかっているけど中々出来ない😣義タイプだから?
    感謝することも中々難しいです。義タイプだからとひらき直るのではなく、受け入れることをします。愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい。このように生きることを助け導いてください。あなたの愛に感謝してイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    あなたがたは、自分がさばく、そのさばきでさばかれ、自分が量るその秤で量り与えられるのです。

    そんな秤で与えて欲しくないです。
    だったら 人をさばかないこと
    了解です。

    裁くって どう言うこと。
    良いか悪いか?自分の中で判断する。
    裁くのは、神様であって
    神様にまかしてしまおう。
    そうすると 気が楽になり ちがうところに エネルギーがつかえます。
    人と自分は、違う。脳の使い方もちがう。
    だからこそ 真剣に脳の使い方
    感じ方 しっかり学びたいですね。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。今日の聖句のところが 昨日起こったすべてのことを 象徴するような
    ことばかりでした。
    私を試すように。自分とは違うんだと
    思っていても どうして?と項垂れる日でした。これが、弟子訓練。
    急遽の弟子訓練感謝です。
    ひとつひとつ階段を登っていきます。
    どうか 見守り 導いてください。
    イエス様のお名前によってお祈りさせていただきます。アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA