神の命令に従って歩む

信仰生活

Scripture
民数記 9章21~23節
雲が夕方から朝までとどまるようなときがあっても、朝になって雲が上れば、彼らはただちに旅立った。昼でも、夜でも、雲が上れば、彼らはいつも旅立った。
二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。

Observation
イスラエルの人たちは神様が留まるときには留まり、旅立つときには旅だった。リーダーであるモーセを通して示された主の命令によって、戒めを守った。

Application
私の信仰生活を考えると、神様が留まるように言われても、すぐに行動してしまうのです。そして、上手くいかずに悔い改めをする事になるのです。このシェアリング・チャーチの案内も3月過ぎたら行う予定ですが、すぐに書き込みたくなるのです。待てないということは、神様の命じられていることを行っていないことでもあり、信仰が問われるように思うのです。

まるで、使徒の働きに出てくるユダヤ人のようです。
使徒の働き 28章26~28節にはこのように記されています。
『この民のところに行って告げよ。あなたがたは聞くには聞くが、決して悟ることはない。見るには見るが、決して知ることはない。
この民の心は鈍くなり、耳は遠くなり、目は閉じているからである。彼らがその目で見ることも、耳で聞くことも、心で悟ることも、立ち返ることもないように。そして、わたしが癒やすこともないように。』
ですから、承知しておいてください。神のこの救いは、異邦人に送られました。彼らが聞き従うことになります。」

本当に聞くには聞くが、決して悟らない。見るには見るが、決して知ることはない。心は鈍く、耳は遠くなり、目は閉じているような者なのです。だからこそ、自分の心を点検する必要があるのです。イエス様が考えるように考え、イエス様が語るように語り、イエス様が行動するように行動しているかを点検するのです。

そのためには、自分でしっかりと聖書と向き合う必要があるのです。毎日のデボーションを通して、神様はわたしに何を語っているのか、どう行動するようにいっているのか、そして神様に頼れ、わたしへの愛を深めるように語られているのです。
神様の命令を守るためには、神様がどのような方であることを知る必要があります。この知るというのは、知識で知ることではなく、体験も重要だと思っているのです。祈った祈りが聞かれたと言う経験も重要ですし、私のように自然の素晴らしさを通して神様を体験する人もいます。クリスチャンの方と話ながら、神様を感じることもあると思います。毎日の出来事と聖書の言葉を結び合わせることが、実はデボーションであり、日常での体験の中にある神様の素晴らしさを知ることができるようになるのです。神様が何を語っているかを聖書から教えられることで神様の偉大さ、愛の深さ、高さ、広さを知ることができるようになるのです。
もう一つ教えられた点は、神様はモーセというリーダーを立てました。このリーダーを通して神様はその命令を民に伝えているのです。このリーダーとは誰でしょう。実は私たち一人ひとりなのです。プロテスタントで大切なことは、聖書のみ、万人祭司、信仰義認です。そうです。万人祭司なので、私たち一人一人を通して、神様の命令を人々に伝えていくのです。

神様の命令は、神を愛することと、自分を愛するように隣人を愛することです。そして、神様の愛の証であるイエスキリストが、私の罪のために十字架にかかって死んでくださり、3日目に甦ってくださったという福音を全世界に伝えるのです。その命じられたことを、神様は私を通して行ってくださるのです。
私も神様の素晴らしさを毎日体験しながら、イエス様の福音を私をとして語っていくのです。そのときに、どこにいくのか、何をするのか、神様の命じられたことを実行していくのです。

シェアリング・チャーチも神様が行けという所に行き、留まれと言われるところで留まり、次の場所に移動することも、この神様の命じられていることに従っていけるように祈りつつ歩んでいきます。

Prayer
天の父なる神様、今日も民数記と使徒の働きから神様の命じられることに従うことについて教えてくださり、感謝します。あなたの御心を聞くこともなく、自分で判断して行動してきたことを赦して下さり、あなたに聞くことができるように導いてください。絶えず、あなたに聞いて、あなたの命じられたことを実行することができますように助けて下さい。シェアリング・チャーチも色々なところで行いますので、そのこともあなたに聞きながら選ぶこと、行うことをしていきますので、あなたの御心をお話しください。私たちがただ神様の恵みに活かされ、愛されていることの故に、あなたの福音を多くの人たちに証することが出来るように助けて下さい。イエス様のお名前でお祈りします。 アーメン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA