4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    辱めをものともせずに十字架を忍び

    凄いなぁ…。私ではとてもじゃないけど無理なことを私のためにやってくださった。
    感謝しかない。愛には感謝で応えることなんだと思います。今ここに居られるのはイエス様が十字架にかかってくださったから。ただ、ただ感謝して生きること。それしか出来ないし、それをすることが大切。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。あなたに生かされていることを覚えて感謝します。御心のままになりますように、それを喜んで生きることが出来るように助けてください。恵みに感謝してイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    辱めをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されたのです。

    だれもが できないことを
    してくださったイエス様

    ただただ 凄い。
    このことを 素直にうけとり
    御言葉どおりに 進んでいけば
    なにも恐れることは ないのです。
    まさしく ヨセフが そうだった。
    色々な出来事ながで
    色々な人間のやり取りのなかで
    神を信じてその場所で 生きてきた。
    奴隷として つながれ
    牢屋にいれられ そんななかで
    どうやって ワクワクして生きていくのでしょう。
    しかし 神だけを信じ
    主がすべて そして父祖たちに誓った今日のようにはたされるためである。
    ただそれだけだったのでしょう。
    と、なると
    本当に聖書は、歴史的にみても
    おもしろいし、指南書ですね。
    啓示を与えてくださいます。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。今日も御言葉ありがとうございます。
    階段は、着々と 繋がっています。
    見極めも貴方が、おしゃってくださったように ひとつずつ階段を登っていけるようになったのも 貴方が側にいて
    くださり導いてくださってるからです。
    感謝です。
    この混沌とした時代だからこそ
    目に見えないものに目を向けて行くことができますようにとりなしの祈りをさせて頂きます。
    イエスさまのお名前によってお祈りさせて頂きます。
    アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA