4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    死の恐怖によって一生涯奴隷としてつながれていた人々を解放するためでした。

    死と言う漠然としたものへの恐怖。昔、腎盂腎炎に罹った。もの凄い震えで寒い🥶と思ったら次はガーっと熱が上がり…そんなのを繰り返すのですが。その時はもう駄目だ😱死んでしまうんじゃないか?と…。お医者さんに診てもらって、膠原病の人はよく罹ると言われ。そう簡単に人は死なない。死ぬのは大変なんだ💦🥲
    と思ったり。戦争映画でムシケラのように殺される人間を見てムシと同じように簡単に死んでしまうんだと思ったり。つい先日、少し残す癖があるよなぁ!と気づき、突き詰めて行ったら最後は死んでしまう恐怖へ行き着いたり。きっと克服は出来ないんだと思う。イエス様が死にうち勝って蘇ってくださった事を信じることで死への恐怖から解放される。死の恐怖から解放される事で生きる意欲、希望が湧いてくる。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。相対の世界で生きるものとして生死があるとするなら神さまを見上げて行くことで救われるんですね。あなたに巡り会えた奇跡を感謝です。今、現実を生きることをします。豊かに祝福してくださいますように。愛するイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    子たちがみな血と肉を持っているので、イエスもまた同じように、それらのものをお持ちになりました。それは、死の力を持つ者、すなわち、悪魔をご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖によって一生涯奴隷としてつながれていた人々を解放するためでした。

    自らを 私達と一緒の立場におりてこられ
    私達を救って下さった。

    クリスチャンでさえ ほんとうに救われだと思い 感謝して生きてるのでしょうか?
    この世に生まれ イエス様によってすくわれ 奴隷としてではなく 王の息子や娘として イエス様をお父様として
    本当に生きているのでしょうか?

    今日もある人からのお話で 嫁とビールを飲みながら パソコンひとつで収入を得て暮らしていきたいと 言う人とのzoomで
    お話を言われてましたが
    どれだけの 間抜けなんでしょう。
    あまりにも うわべだけをみて 全然確信の部分を見てないし まるでソドムとゴモラの世界ふざけてるよなと。

    何のために イエス様がこの世にうまれ
    私達の罪をつぐなわれ
    そして 復活され 福音をする弟子達をつくられたのか?
    愛する天のお父様 主よあなたを褒め称えます.あなたによって罪ゆるされ
    永遠のいのちをうけとれたこと
    本当に感謝です。
    どうぞ あなたのみこころに沿うような
    生き方ができますように
    イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA