4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    彼女を、するままにさせておきなさい。なぜ困らせるのですか。わたしのために、良いことをしてくれたのです。

    神さまに真心を差し出す。貧女の一灯の話を思い出します。神さまに今の自分の精一杯を感謝して差し出すこと。私は、その先が何処へ流れて行っているのかは私の感知する事ではないと思っています。人にプレゼントしてそのプレゼントをその人がどう扱おうと文句は言えないのと一緒です。ただ、知っちゃったら悲しい気持ちになると思います。神さまに差し出したと思うことをすれば現実世界でどう扱われても悲しい気持ちにはならないのかな? 困らせるの中に悲しい気持ちになることも含まれているかも。真心に対して周りがジャッジする事はいけないことだと思います。私も、どちらの側にもなり得ます。真心を差し出すことができる私でいたいです。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。あなたに対して真心を喜んで差し出すことができる私になりますように。周りの行いに対してジャッジする事がないように助けてください。もっと喜んで自分を差し出すことができるように導いてください。感謝してイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    あなたがたに言います。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられるところでは、この人がしたことも、この人の記念として語られます。」

    本当じゃないですか。
    その通りなんです。

    聖書の御言葉 神様 勇逸のイエス様だけをつたえます。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒め讃えます。恐れず 神様の祝福を全てうけとり
    多くの人に福音が伝えられる道を
    与えてください。チカラを与えてください。イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA