4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    罪の増し加わるところに、恵みも満ちあふれました。

    罪が深いと認識することである意味諦めがつきます。どんだけ罪人なんだ💦と自分で足掻く事を手放します。それでも、世の習いに従って自分でやらねば‥と思っている部分があるなぁと感じました。溺れる者は藁をも掴むと言いますが‥藁が何なのか?が鍵なんだと思いました。掴む藁を神さまにします。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。私は改めて弱い者だと知りました。まだどこか肩に力が入っています。全て、力を抜いてあなたに委ねることができますように助けてください。そして、御心のままにあなたと共に生きてゆく喜びを感謝します。愛と恵みに感謝してイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    罪が死によって支配したように、恵みもまた義によって支配して、私たちの主イエス・キリストにより永遠のいのちに導くためなのです。

    先日 プレゼンがありました。
    神様は、いろいろなことを見せてくれました。不思議でした。
    時間のひとつひとつが。すべてが神様の
    計画通りでした。
    ハッキリと道は、2つにわかれました。
    とりなしの祈りをしていきます。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。貴方は、本当に素晴らしい方です。
    時間をも調節されました。
    そして貴方のちからは、すごいです。
    貴方が悲しまれてることも わかりました。
    とりなしの祈りをしていきます。
    貴方の愛する子の為に。放蕩息子が
    貴方のところに帰ってくるように
    導いて下さい。イエス様のお名前によって
    お祈りさせて頂きます。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA