4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    自分の十字架を負ってわたしに従って来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。

    昔、創価学会の中学生だった時に。たとえ親の葬式でも会合を優先させることを指導された事を思い出しました。
    なんとまぁ。。。って感じですが中学生だった私は素直にそーなんだ!って思ってました。何の為なんでしょう?😅たかだか会合なのに🤣
    イエス様は愛から言ってくださっているんだとわかります。
    今日、礼拝のあとのランチタイムの時に、ギリギリ今ごろ?!って。。💨😨って話したと思います。でも、考えてみたら、私も人を助ける(駅とかで白杖の方)時は、大丈夫かどうか、見てるなぁ~、ダメだったら手を貸してあげようとか思うかも🤔
    親だったら子供が転んでも自力で立ち上がるのを見てるしな〜🤔って。愛なんだ😅💖とわかりました!
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。
    私の罪の救い主と信じます。
    いつもギリギリまで自力で頑張るように見ていてくださる愛に感謝します。全能の神様からみたらさぞじれったいでしょうね😅私の成長を見守って、最後の最後まで見捨てないでいてくださることに感謝です。
    でも、できれば心が折れてしまう前に助けてください。
    イエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはいけません。わたしは、平和ではなく剣をもたらすために来ました。 

    愛を伝えなさいと 言われました。
    批判するのではなく。
    聖書の御言葉で。
    イエス様は、いつも たとえ話しで
    話されました。
    とりなしの祈りをしていきます。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒め称えます。
    愛を伝えなさいと いわれました。
    批判するのではなく たとえば話しを使って愛をつたえるものとして 作り変えてください。
    イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA