4件のコメント

  1. 小間物谷直子

    こぞって、この悪い獣を礼拝しました。 9 聞く
    耳のある人は、よく聞きなさい。 10 クリスチャンの中で投獄される運命にある人は、逮捕され、連行されるでしょう。また、死ぬように定められている人は殺されます。しかし何があろうと、あわててはいけません。このような時こそ、あなたがたの忍耐と信仰が試されるのです。

    忍耐しかないですね。
    まさしく試されているのだと思います。

    エレミア書から詩篇に移った時にホットします。で、黙示録。しかし詩篇を先に読むので
    自分に落とし込めやすいです。

    デボーションに感謝です。

    そして 私にとって このデボーションの時間が朝の始まりであり
    ココロを平安にしたい時間となりました。
    イエス様が1人で山にあがり
    デボーションをされる時間を持たれたという意味が 自分のこころのなかに
    刻まれました。
    私の中で朝のデボーションは、静かに時をすごしたいのでしょう。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。
    自分にとって 朝のデボーションがどれだけ
    大事かそして 平安でいたいかがわかりました。感謝いたします。 
    私にとって 忍耐と信仰の1番は、ココロと
    脳をとにかく 平安でいられる事です。
    どうぞ 神様 どんな時も心が平安でいられますように 導き守ってください。
    そして どうか貴方をさかじもとめる方が
    貴方と共に歩む事ができますように
    導いて下さい。強い信仰が持つ事ができると
    確信し イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。 アーメン。

    • イエス様が静かな場所で、神様との交わりをされたことがデボーションにつながっています。
      今、私たちは神様との時間よりも、違うことに時間を使っています。
      だからこそ、デボーションを通して神様と交わり、愛を受けて、多くの人たちにキリストの香りを届けていきましょう。
      祈っています。
      アーメン。

  2. 佐藤裕子

    読んでるうちに涙が溢れてきました。なんの涙なんでしょう?
    わかりませんが。ひとしきり泣いたあと、また読みました。
    自分も666を持っているんだと思ったり、イエス様と一緒なんだと思ったり。考えが錯綜して。知恵ってなんだろう?って思いました。

    • 神様と共に歩んでいるなら、問題ないですよね。
      知恵を持って歩んでいるので大丈夫ですよ。
      この前の証、神様と共に歩む事が知恵になりますからね。
      祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA