4件のコメント

  1. 小間物谷直子

    小羊のいのちの書に名前が記されている人々だけが、ここに入ることができるのです。

    エゼキエル書を読んでいて 日本の偶像礼拝 例えば 不動明王など やはり
    発端はエルサレムかなんだと感じました。

    色々な年月を得て 今の日本の仏像であり
    仏教であるんだと。
    結局 原点 カルバリであるのです.
    先日のセミナーで子供のようになりなさい。まさしく
    そうだと思いました。
    あれやこれや考えて それだけをすればいいのに。身体の臓器と一緒なんですが。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。自分の役割 愛を持って
    チームで動く事.それぞれの
    できることをすること、そしてそれが
    黄金律につながること。
    すべて貴方からの啓示をありがとうございます。貴方の力によって前進できること
    感謝です。
    今日のセミナーも 祝福でみたされてること 感謝です。
    娘も無事帰国しました。
    感謝です。
    イエス様のお名前によって すべてに感謝してお祈りさせていただきます。アーメン

  2. 佐藤裕子

    幸いなことよ主を恐れ主の道を歩むすべての人は。

    私は幸せです。人生の半ばを過ぎて主を恐れ主の道を歩む事ができたのだから。
    主の恵みにより生かされているのだから。
    『その手で労した実りを食べること』
    今までで身につけた色々なことを実りとして受ける事で私らしく生きることになると思いました。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。
    自分の幸せではなくあなたの幸せを願う時に私らしくあることなんだと思います。
    あなたが幸せなのだからそのまま私も幸せなんだと知りました。感謝です。あなたの光を浴びて、その光を放つことが出来るように助けてください。愛するイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA