共に神様を賛美するために

今日のデボーション聖書箇所

信仰生活

Scripture
コリント人への手紙 第二 9章10~12節
種蒔く人に種と食べるためのパンを与えてくださる方は、あなたがたの種を備え、増やし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。
あなたがたは、あらゆる点で豊かになって、すべてを惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して神への感謝を生み出すのです。
なぜなら、この奉仕の務めは、聖徒たちの欠乏を満たすだけではなく、神に対する多くの感謝を通してますます豊かになるからです。

Observation
(リビングバイブル訳)
10 農夫にまく種を与え、そのあと収穫物を与えてくださる神様は、あなたがたにもまく種を備え、それをふやして、あなたがたに義の収穫の実をもっと与えることができるのです。11 そうです。神様から十分いただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。そして、私たちがそれを必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、神への賛美がわき上がるのです。 12 そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。すなわち、困っている人々が助けられること、そして、神に対する感謝の念が彼らに満ちあふれることです。

Application
今日は献金という文脈の中で、とっても大切なことは、神様から必要なものは与えられているという考え方です。今も神様から十分いただいています。それも感謝な事です。宣教師のような生き方をしてきました。途中からビジネスとしての歩みをしました。また牧師としての歩みに戻ろうとしています。

やはり、融合したビジネスパスターというフルコミッションタイプの宣教をしようと思っています。ですから、祈りつつどのようにしていくかを明確にする準備の期間であると思っています。もちろん、宣教ですから献金という形を取った方がいいと思っています。その理由は、今日の箇所にも記されています。

それは共に神様に対する感謝があふれ出て神様を賛美することになるからです。
今までの私は受けるばかりでした。それも感謝でしたが、与えることがどれだけ素晴らしいことかを体験しました。しかし、今振り返ると、それは有り余る中からのささげものだったと思います。そうではなく、どのような状況であろうとも神様によって満たされていることに感謝する生き方であり、献げることによって共に神様を賛美することの素晴らしさを味わいたいと願っています。
直接的に助けることで喜んでいただけること、同時にその人たちが神様に対する感謝の気持ちが満ちあふれることのためにも献げていくことができる喜びをもって神様を賛美できればと思わされました。

今シェアリング・チャーチのビジョンを祈っています。それも分け与えることができる働きなることができればと祈らされています。今日も自分の与えられているもの(考え方、具体的な物)をもって献げていこうと教えられました。

Prayer
天の父なる神様、あなたの御名を賛美します。
あなたがすべてを満たしてくださっていることに感謝します。あなたの愛と憐れみ、恵みによってすべてを満たしてくださっていることに感謝いたします。どうぞ、あなたの奇跡によってシェアリング・チャーチの構想を実現させてください。また受けるものではなく与えるものとなり、多くの人たちの必要を満たし、共に神を賛美することができるように助けて下さい。
今日も聖霊の導きの中で、祝福を祈っていくことができますように助けて下さい。
私たちの救い主イエスキリストのお名前によってお祈りいたします。
アーメン!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA