4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    私たちが切望するのは、あなたがた一人ひとりが同じ熱心さを示して、最後まで私たちの希望について十分な確信を持ち続け、
    その結果、怠け者とならずに、信仰と忍耐によって約束のものを受け継ぐ人たちに倣う者となることです。

    何事も同じ熱量で行くことが大切だと教えられました。一人で生きてる訳ではなく、一人では何もできないし。かといって同じ熱量じゃないと温度差が生じて上手く回らないと思います。だから『天の父が私に与えてくださった人は私のところに来ます』なんだ。感謝です。愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。私らしく生きられる場所と人を与えてくださったこと感謝です。ココからもっと私たちがその人らしくそれぞれに輝いて行く事を助け導いてください。素晴らしい世界をありがとうございます。感謝してイエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

  2. 小間物谷直子

    怠け者とならずに、信仰と忍耐によって約束のものを受け継ぐ人たちに倣う者となることです。

    あーなぜかアーチーバスがうかびました。
    先日あるセミナーで本もだされてる本物のビジネスマンにお会いしました。
    大学卒業されてからの人生計画をたてられ
    色々な事がありながら生きてこられたのだなぁと感じました。たぶん アーチーバスの実践編を体験しながらの今のたち位置なのだと思いました。彼の講義が終わり 違う講師が話し始めたときに一番後ろにすわられてたのですが、凄い 集中力でたぶん聴きながら脳の回路が動いているのが メヂカラでわかりました。何事もなされている人は、今何をするべき所に集中されてる。
    イエス様の御言葉に戻ったとき
    蘇えられた イエス様の言葉を弟子たちは
    一句もききもらさないで書き留め行動に写してたのでしょう。ウェン牧師の本の中で
    中国に宣教に行かれたときの箇所がありました。一冊の聖書しかないので、それをみんなで読み すべてを暗記している。
    自分達が恥ずかしかったと書かれていました。手に届くところになんでもあるから
    当たり前だと思うその時の自分をはじるのではなく そうさせてしまう自分を見つめ直すときに イエス様ならどうなのか?
    怠け者とならず 信仰と忍耐を第一として前進できますように。怠け者とならずに。

    愛する天のお父様 主よあなたを褒めたたえます。素晴らしい御言葉ありがとうございます。神様から与えられた時間を
    いつもこの時間 時を自分でも計画は、するのだけれど 神様と共に歩む時間それは
    24時間変わることがありません。
    その時間を どんな時も 怠けずは、神様との時間神様の義をもとめながら前進できますように導いてください。
    主の祈りによって 私に関わる方々が
    守られますようにイエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA