4件のコメント

  1. 佐藤裕子

    決して難しくないことだと思いますが、実は1番難しい事なのかもしれません。
    どんな時も喜んでいられるか?と言えば嬉しい事ばっかりではありません😣
    今日、会った女性も仕事が上手く行かない時にこの4つの事を忘れてしまったのかもしれません。どんなに熱心に神様を求めてもココぞ!!と言う時に離れてしまったらなんにもならないんだって思わされました。
    私も、少しでも心が揺らいで隙間が出来た時にサタンが入って来るんだと肝に命じておきます。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。
    私の罪の救い主と信じます。
    あなたの望む事をどんな時も私が出来るように助け導いてください。私の中に隙間が出来ないようにあなたで満たしていけるように導いてください。イエス様のお名前でお祈りします。アーメン。

    • 本当にそうですね。御言葉から離れるときに神様から離れていきます。
      ぜひデボーションを続けてくださいね。
      祈っています。

  2. 小間物谷直子

    これこそ、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに望んでおられることです。

    何を望んでいられるか?自体がわからない方が多いです。色々な方とお話しします。
    神が望んでられること。
    相手が望んでること。 聖書って絶妙な文字の使い方。読めば読み込むほど 御言葉に
    感心します。
    子供のように、なりなさい。
    生まれた時は、柔らかいけど 死ぬときは硬くなるからと、頭の固い人に言ってしまいました。

    愛する天のお父様 主よ貴方を褒め称えます。神が望んでいる事を 伝えて行くことが
    私の役目です。私がするのではなく
    神がなさるということ
    神のちからによって なされることを
    いつも こころにとめていけるよう
    導いてぐださい。
    イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。 アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA