3件のコメント

  1. 小間物谷直子

    以前 杏奈さんに預言のとき証をしていただいた時に パウロは、一切教会からお金は
    もらわず 自分の働いたお金で福音活動をしてたんですよ。と聞いたことを
    思いだしました。
    あなたがたは聞くには聞くが理解しない。
    見るには見るが認めない。
    27 心は肥えて鈍くなり、
    耳も遠く、目も閉じられている。
    見もせず、聞きもせず、理解もしない。

    2年間なぜ2年間なのか?
    その2年間の前に色々な事柄がおこり
    それらのことを通ったからこそ 少しも憚ることなく、また妨げられることもなく
    伝えられた。
    自分に置き換えたときに 納得できました。
    愛する天のお父様 主よ貴方を褒めたたえます。信仰とは、望んでいるの箇所を思い出しました。色々な事柄がおこりますが
    信仰をもって 歩んでいけることができますように、導き チカラを与えて下さい。
    イエス様のお名前によってお祈りさせて頂きます。アーメン。

  2. 佐藤裕子

    少しもはばかることなく

    何も遠慮する事はない。どんどん言い切って行きなさい。と言われているように思えました。
    そして、遠慮する事と気遣うことは別なんだと知りました。
    この複雑なラインを自分の中でしっかり見極めていく事が大事だと思います。
    愛する天のお父様。主よ。あなたを褒め讃えます。私の罪の救い主と信じます。伝えたい事を相手の立場に立ってどのように伝えていけば良いのかをわかり実践して行けるようにしてください。もっと、臆する事なく前へ進んで行けるように私を助けてください。私がとった行動が全ての人の祝福に繋がって行くように導いてください。イエス様のお名前でお祈りします。
    アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA